遺伝子組み換えの学習会報告

2018年6月6日 00時25分 | カテゴリー: 活動報告

講師:印鑰智哉(いんやくともや)氏  

主催:べじたろう農場

 

遺伝子組み換え作物(GMO)の話を久しぶりに聞いた。これは全く異種の生物の遺伝子を組み合わせて、除草剤をかけても枯れないとか、食べた虫が死ぬとか、手間をかけずに生産しようという作物のことだ。人体に影響はないというが信じがたい。

日本では生産されていないが、とうもろこし、大豆、菜種、綿などが輸入されている。例えば日本では大豆は9割が輸入でほとんどはアメリカから。アメリカでは大豆はたいてい遺伝子組み換えだ。

豆腐や納豆は表示があるので遺伝子組み換えでないものを選べるが、表示義務がない条件の加工品にはそれこそありとあらゆるものが含まれている。GMOの飼料で育てられた畜産品にも。日本は世界で一番GMO食品を食べているらしい。知らなかった!

アメリカでは一部の母親たちがGMO食品が子ども達の健康を蝕んでいると気づき、排除する運動を始めたそうだ。

子ども達が大好きなお菓子や飲み物にGMOとうもろこしが使われていないかメーカーに聞いてみたらどうだろう。問い合わせが増えたらメーカーが考え直すかも・・・ (佐藤 記)