「いせはら環境展」で、電磁波の問題点、スマホの注意点等をアピール

2016年5月31日 21時42分 | カテゴリー: 活動報告

5月14日、15日に行われた「いせはら環境展」で、私たちは伊勢原の環境を考える会として、展示参加と活動発表を行いました。

毎日の生活の中で手放せなくなった携帯電話やスマホ。小学生から持っていることも珍しくありません。でも、常に発生している電磁波は、身体、特に発達途中にある脳や生殖器に対して、影響がないとはいえません。今年の展示内容は、「電磁波」。

「ママ!スマホをお腹にのせないで!」というキャッチに引き込まれるように、妊婦さん夫妻が熱心に見て質問してくださいました。「そう!これ聞いたことがある!」と、何人もの方が立ち止まって、熱心に見てくださいました。「外国では規制しているのに、日本は甘いよね」「使い方を気を付けないと」など、大切なことを確認することができました。また、伊勢原市内の携帯基地局(電波塔)や高圧線の場所を示した地図を見て「うちの近くのあれなんだ」とあらためて認識してくださいました。

DSC_0088

伊勢原市内の携帯基地局と高圧線の所在マップ

DSC_0080

土山議員が活動報告